発酵食品で腸美人

2020.3.14(土)13:00〜味噌仕込み体験会実施

味噌仕込み体験会 開催風景

味噌仕込み体験会

日 付
3月14日(土)
開 場
12:30
時 間
13:00〜16:00
費 用
7,800円(税込)味噌2キロと樽が含まれています。
定 員
20名
持 物
髪を留めるもの、エプロン、手拭き、味噌容器を持ち帰る為の袋
場 所
〒162-0065東京都新宿区住吉町1-18 TVB曙橋ビル2F MAP
都営新宿線 曙橋駅から徒歩30秒
運 営
株式会社クロスボーダー
メール
info@cross-b.jp

<注意>

  1. ①前日から納豆を触らない、納豆の近くに寄らない、納豆を食べないでください。
  2. ②味噌の入れ物(樽) が費用の中に含まれています。
  3. ③お子様と一緒に参加が可能です。

市販のお味噌と違い、添加物や防腐剤を一切使用していない、安心安全、そして美味しい手作りお味噌をこだわりのオーガニック材料で一緒に仕込みましょう。

糀菌が作り出した酵素でお味噌ができ、そこには本物の酵素がたくさん含まれています。必須アミノ酸、乳酸菌、ビタミンまでも摂取することができ、本物のお味噌にはアンチエイジングや美肌効果も期待することができます!お味噌はお味噌汁だけでなく、様々な料理に使うことができるので、料理レパートリーも豊富に。

腸内環境を整えることは、美肌、ダイエットのまず第一歩です。まずは手作りお味噌を食べて健康なカラダ作りをはじめませんか。

白米麹

山形県産の美味しいお米を、
伝来の手造り製法で白米麹にしました。

お味噌造り、塩麹、手造り甘酒、
漬物に最適です。

大豆(北海道のとよま)

他の大豆と美味しさの指標のひとつである
「ショ糖含有率」で6.8%~7.7%と高く、
北海道産大豆の代表的品種銘柄。

遺伝子組み換えではありません。

一の塩

海の真ん中の加唐島から生まれた
対馬暖流海水を取水から仕上げまで
外気に触れずに環境汚染に対応。

Let’s 菌活!発酵食品ブーム!

日本は世界一の発酵食品大国。

味噌や醤油、みりん、日本酒など、日本の食文化に欠かせない発酵食品は、“麹菌”と呼ばれる菌からつくられています。

この麹菌、実は日本にしかありません。室町時代から販売されていた麹菌。

麹菌が普及したからこそ、日本にはこれほどまでに豊かな発酵食品が生まれ、そして和食という文化が誕生したのです。

発酵食品が改めて日本国内で、そして海外でも注目されています。

その背景は、腸の働きと腸内細菌の働きの科学的な研究から、新しい発見が次々と発表され、
さまざまな働きのある微生物が体や健康をつかさどっていることが注目されたため。

腸内には千兆以上も細菌が存在しており、それがお花畑のように見えることから
「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸の働きをよくする=健康・美肌・ダイエットにもつながる、
ということが明らかになり、健康食が広がるきっかけとなったのです。

日本人にとっては馴染みの深い存在「味噌」

“味付け”に使われる事が多い味噌ですが、
食べ物が豊富になかった時代には、重要なたんぱく源とされていた貴重な食べ物でした。

「味噌は医者いらず」と言われるように、たんぱく質だけでなく、
アミノ酸、ビタミン類なども豊富で、栄養食としても優れています。

実は健康という観点から、
近年世界からも注目を浴びている日本が誇るスーパーフードです。

本来、食品添加物や保存料は必要のない味噌󠄀ですが、市販されている味噌は、
微生物の働きを抑え容器の膨張を防ぐためにアルコールをを添加されていたり、
調理を簡単にする為にだし調味料を添加した商品もあります。

そのような中、自分で仕込む味噌は
大豆・麹・塩・水以外の原材料は一切使わず作る事で、
酵素が生きたまま食べる事ができ、味噌󠄀本来のおいしさを味わう事ができます。

手作り味噌を毎日食べることで、健康はもちろん、
美肌や心が落ちつくなどの変化も実感できるようになるでしょう。

毎日のお料理がきっと美味しく、もっと楽しみになるはずです。

体の自然治癒力を引き出す味噌を、自分の手で作り、
毎日の食卓に取り入れ、体の内側から健康になりましょう。

松尾和美

管理栄養士
松尾和美

体験講師

本間 晶子

本間 晶子

(神奈川県横須賀生まれ)

物心ついた頃から、母が喘息の発作で苦しむ姿を見ながら育ちました。
「どうしたら、お母さんは元気になってくれるんだろう?」
「元気になってもらいたい!」
それが、私の人生のテーマとなりました。

子供の頃から、蓬やドクダミの葉を摘んで干しては煎じて飲んだり、母の背中をさすったり。母の背中をさするのは、母が私にそうしてくれていたことを、見よう見まねでしていたのです。眠れないでいると、母の温かな手がゆっくりと背中を撫でてくれて、張り詰めていた神経がスーッと溶けていくのを感じ、いつの間にか眠りに落ちていたり、お腹が痛い時には、まぁるくまぁるく不思議と痛みが消えていく母の手は魔法の手でした。

2012年の東北大震災がきっかけで、塩と玄米とみそ汁が、放射能の害から命を守った長崎被爆医師、秋月辰一郎さんのことを知りました。玄米、味噌などの発酵食品、塩などによって、腸内の乳酸菌、光合成細菌(塩、玄米、味噌などの発酵食品が栄養源となり増える)が活性化して、放射能を吸着除去排出することを、秋月医師は知っていたそうです。

近年、残念ながら味噌や醤油などの発酵食品は、効率化を図るために、肝心な発酵に必要な時間を省略しようと、着色したり、味付けを科学的に加えたものが多くしめるようになっていました。そこで私は、ちゃんとした力のある味噌、秋月医師が多くの人を救ったような、力のある元気な味噌を作ろう!そう思い、発酵教室の門をたたいたのでした。

この味噌作り体験会では、茹でた大豆をミキサーやスリコギなどで簡易化して潰すのではなく、手で潰すことにこだわっています。手から愛情を込めて、美味しくなぁーれ美味しくなぁーれこの大豆が麹や塩と合わさり、時間をかけて味噌となり、その味噌を食べる家族の笑顔を思い浮かべながら、「元気になぁーれ元気になぁーれ」そう願いを込めて大豆を潰していくことは、あの、母の手を彷彿させます。便利になった世の中の代わりに、大切なものを置き去りにしたままで次の世代にバトンタッチをしてはいけないと思います。この味噌仕込みという作業を通じて、大切なことを次の世代に渡って欲しいと願っています。

お勧めの味噌「未来」

お勧めの味噌「未来」

このお味噌は材料も製法も究極です。農薬も肥料も使わず自然のチカラだけで育てられた大豆とお米。天然の菌でお米を麹に発酵させて、きれいな地下水を使い、昔ながらの木樽でじっくりと仕込む。すべてが自然のハーモニーなのです。味噌屋さんの本気の味噌。味噌汁は出汁がいらないくらいの美味しさと深み。味噌汁だけじゃもったいない!ディップに、料理に、使いたくなる、そんなお味噌です。

購入

OrganicStore 麻布島崎屋

東麻布の隠れ家「オーガニックストア麻布島崎屋」は、
「一般社団法人 農福連携自然栽培パーティ全国協議会」に所属し、
無農薬、無肥料で栽培された自然栽培のお野菜や、
「ロハス農園」の有機JAS認証の取れた無農薬、化学肥料不使用のお野菜などを中心に
無添加の調味料、ドライフルーツなど幅広く品揃えをしているオーがニックストアです。

室岡さやか(ゆるオーガニックナビゲーター)

室岡さやか(ゆるオーガニックナビゲーター)

オーガニックストア麻布島崎屋。出産、母乳育児を経て、身体も、さらに心も食べたもので作られることを体感。同時に農薬も肥料も使わない自然栽培という農法に出会い、美味しさに衝撃を受け、八百屋中心のオーガニックストアをオープン。品揃えは超一流。でもおすすめはゆるオーガニック。